院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

健康診断の時期ですが

各自治体での健康診断が始まりましたが、皆さん毎年実施していますか?

正確な統計は知りませんが、病気の早期発見となるツールであることは

間違いないので、できれば受けた方が良いと思います。


さて、健康診断を受けると結果によっては「要受診」と診断されて、さらに

精密な検査や専門医への受診を勧められたりします。ウチにも結果を持って

受診される方がしばしばみえるのですが、「要受診」の根拠として最も

多いのは「脂質異常」なんですね。具体的には中性脂肪とコレステロールの

値が高い、という事です。


何度か紹介してきましたが、コレステロールと中性脂肪は同じ脂質でも、

その性質は全く別物です。コレステロールは肝臓で合成されるものが

大部分なので食事とはあまり関係ありませんし、女性ホルモンの原料にも

なるので、女性ホルモンがなくなる閉経後は反応性に高値になります。

なので、全国民を年齢も性も考慮せず同じ基準値で振り分けること自体に

無理があるんですね。特に日本は世界でも基準値が厳しいので、閉経後の

女性なんて軒並み判定が「D」とかになっちゃうわけですよ。(^ ^;)


かたや、中性脂肪はもの凄く食事の影響を受けますので、コレステロール

ほど気楽に考えてはいけません。しかし、検査で出る中性脂肪値は食事の

油と体内で合成された油の和なので、高値の場合は果たしてどちらが上昇

しているのかが重要になります。食事中の油は原則12時間くらいで消える

ので、空腹で検査するのはこのためです。空腹状態で中性脂肪が高ければ

それは体内で合成される量が増えていると言うことです。そして体内で合成

される中性脂肪の原料は糖分ですから、脂肪制限ではなく糖質制限が必要、

と言うことになりますね。


先に書いたように、健康診断事態は早期発見の大事なツールですから、是非

やった方が良いですが、その結果については議論の余地がアリアリなので、

もしも判定「D」でも気落ちすることはないですし、逆に「A」だとしても

異常がないという保証はないので、一度見せて頂きたいものです。

    2014年6月23日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ