院長室

« 10月 2017 11月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

「WOOD JOB!」&「青天の霹靂」

前フリ通り(?)観てきました、「WOOD JOB!」。そして洋ちゃんファンは

外せない「青天の霹靂」。安定した作品を作り続けるいわば“アベレージヒッター”

の矢口史靖監督と、原作・脚本・出演&初監督“未知数の外国人助っ人”(笑)

劇団ひとりとの対決です。


まずは「WOOD JOB!」から。林業という何となく日本伝統の職業っぽいけど

よく知らない業界を題材にした、「ハッピーフライト」に続くお仕事ムービー。

いや、もうさすがね。マニアックなあるあるネタをこれでもかと盛り込んで興味を

引かせながら、でも手放しで賞賛するわけではない、という距離を置いた制作姿勢

に好感が持てます。「ハッピーフライト」と同じ物語構成ではありますが、ネタが

変わるだけでこうも新鮮になるとは驚き。個人的には「ハッピーフライト」以上

の完成度と思います。


ダメな青年主人公を染谷将太が、それを世話するワイルドな林業マンを伊藤英明

が好演しています。周りを固める俳優陣も皆上手で特にマキタスポーツがハマり

まくってて笑えました。女優陣が美人さん揃いで現実味に欠ける所はマイナス

ですが、それでも素晴らしい完成度です。2番煎じになるどころか、さらに深化

させる力量に感服しました。


そして「青天の霹靂」。…なに?天才?

劇団さんでしたっけ?芸人さんでしたっけ?がっつり感動させて頂きました、

ありがとうございます!と本人に電話したい衝動に駆られました。(笑)

何が凄いってこの内容を100分足らずでまとめた所。(そこかよ?!)

人生に価値を見いだせない大泉洋演じる主人公が、自分が産まれる前の時代に

タイムスリップして、父や母と出会い、家族、人生、命を見つめ直す、という

一見チープなストーリーなんですが、出演者の巧みな演技とスキのない演出で

とてつもなく面白いです。


ひとり監督は(←なんかヘンね ^ ^;)映画が好きなだけでなく、よく研究して

いるなと思います。主人公とその父はマジシャンなので、劇中何度もネタを披露

するわけですが、ここに変にこだわって奇をてらったような演出をしない所が良い

ですね。芸人さんだと、ここら辺に妙なこだわりを出してしまいがちです。芸人

出身の監督と言えば北野武や松本人志が有名ですが、彼らのような観客を置いてけ

ぼりにする感性主導型ではなく、観客の少し先を行ってうまく誘導するという

緻密な計算型の監督と見ました。いいですね〜。好みです。洋ちゃん観たさに

行きましたが、ひとり監督の才能に圧倒されまくり。“ゴールデンルーキー”だったよ。

新世界を荒らして欲しいね。(^ ^)

    2014年5月29日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ