院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「プリズナーズ」

久々の映画鑑賞はドゥニ・ヴィルヌーヴ監督のミステリー。この監督の

前作「灼熱の魂」は一級のミステリーでありながらラストが衝撃的すぎて

トラウマになる程だったので、今作も恐る恐るの鑑賞。


平和な田舎町で幼い少女がふたり誘拐される。それぞれの両親と刑事は

必死に捜索するがなかなか手がかりすら掴めない。そんな中容疑者を発見

するが…。というまあ至ってシンプルなストーリー。前作に比べて格段に

観客に親切な作りでじっくり物語に没入できます。かつトラウマにも

なりません。(笑)


ミステリーとは言ってもメインとなるのは子供を想う親の心理描写です。

父親役のヒュー・ジャックマンがその情愛と狂気と苦悩を見事に演じて

います。もうウルヴァリンはやめた方が良いと思うんだけど…(^ ^;)

でも僕は刑事役のジェイク・ギレンホールに釘付けでした。忠実で優秀で

理性的な彼がラストで取る行動は迫力満点。いい役者さんだなぁ。


事件を解決していく過程はスリリングでミステリーとしてのデキもかなり

良いのですが、若干ツメの甘い部分も。あと随所に「神」が登場しこれが

またキーワードっぽくもあるので、キリスト教圏ではない我々には今ひとつ

腑に落ちない部分があるかも知れません。まあそれでも昨今珍しいオリジナル

ストーリーでの映画という面でチャラになるレベルです。今後も要注目の

監督さんですねー。「プリズナーズ」と複数形になっている点を考察すると

面白いですよ。


トラウマと言えば、パク・チャヌク監督の「オールド・ボーイ」のハリウッド

リメイク作が公開されるようですね。もう10年以上前の作品ですが、

鮮明に覚えています。なんせトラウマですから。もう2度と観たくない

もんなぁ。(^ ^;)でもこの監督の他の作品は結構観ているという…。

そのうちトラウマ作品特集しよかな。ニーズないって?!

    2014年5月8日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ