院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

AKA−博田法は効くの?

先々週に夜のテレビ番組でAKA−博田法が紹介された影響で、問い合わせ

を多く頂いております。番組では結構センセーショナルな演出がなされていた

ので、腰痛や下肢しびれにお悩みの方は「もしかしたら治るかも!?」と

思うでしょう。


AKA−博田法は一言で言えば「関節の動きを良くする治療法」です。です

から動きが悪いことによる痛みやしびれには効果が期待できます。番組では

あたかも腰部脊柱管狭窄症が治ったように見せていましたが、正確には

腰部脊柱管狭窄症による症状と思われていたものが関節の動きの悪さに

起因するものだったので効いた、ということです。決して狭窄が治るわけ

ではありません。ヘルニアが引っ込むわけでもないです。(^ ^;)


なので、現在の症状が狭窄などの「形態的異常」から来ているものなのか、

あるいは「関節運動異常」から来ているのかを見極めなければいけません。

もし「関節運動異常」が中心であればAKA−博田法の適応になりますが、

実際には「形態的異常」と「関節運動異常」が混在している方が多いです。

症状の原因が狭窄症やすべり症などの形態的異常が中心であれば、残念ながら

AKA−博田法の効果は乏しいでしょう。


しかしながら、現段階では関節運動異常を客観的に評価する検査がないので、

AKA−博田法が効くかどうかを事前に知ることは困難です。幸い、痛みも

なくキズもつけない安全な治療法なので、まず試してみる、というのが良い

かも知れません。ウチではAKA−博田法に他の検査や治療法を付加する

ことがあるので、敢えて体幹調整療法としています。


いやーでも夜のゴールデン枠でAKA−博田法が紹介される日が来るとは、

なかなか感慨深いです。これまで結構白い眼で見られてきましたからね。

これで良くなる人が増えたら博田先生も大層喜ばれるでしょう。いやまだ

ご存命ですからテレビ観たと思いますが。(笑)

    2014年4月7日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ