院長室

« 8月 2017 9月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30

血糖値によい運動とは

少し気温が上がって過ごしやすくなってくると、「そろそろまた運動始め

ようかしら」なんて声が聞こえてきます。季節に関わらずやって欲しい人も

いますが(^ ^;)、運動を勧める良い機会であることは確かです。


気分転換やストレス発散に運動されるのであれば、好きなことをやってくれ

ればいいんですけど、ダイエットや血糖値、中性脂肪を下げる目的で行うので

あれば少し工夫が必要です。


まずやるべきでないのが「食前のウォーキング」です。空腹状態で運動すれば

低血糖を助長するので、より空腹感が増し結果的に過食になってしまう可能性

があるからです。ウォーキングで消費した以上のカロリーを摂ればそりゃ太り

ますわな。(^ ^;)


なので運動はむしろ食後が良いのですが、食事をしてしばらく時間が経つと

血糖上昇と共にインスリン分泌が高まります。インスリンは血糖値を下げる

ホルモンですが、同時に中性脂肪を合成するホルモンでもありますので、

過剰なインスリン上昇は歓迎されるものではありません。


そこで、インスリンを使わずに血糖値を下げる方法があります。それが筋肉

運動をすることです。ですから食後の運動はインスリンが出る前に筋肉を動かし

始めるのが理想的ということになり、「食直後に歩きなさい!」が正解になるの

です。天候が悪くて外に出られなければ屋内でも良いし、歩かなくても太ももを

挙げたり、腹筋を鍛えたりでもいいんです。とにかく食直後に動くこと。


この原理からすると、筋肉量がそもそも少ない人は痩せにくい、というのも

分かりますね。地味に筋肉量を増やせば太りにくくなるわけです。

    2014年3月17日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ