院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

NO MORE 湯たんぽ!?

何故か今年は暖冬にも関わらず低温熱傷の患者さんが多いです。湿潤療法が

広まってウチを検索して来てくれる方が増えただけで、発生数は例年通り

なのかも知れませんけど。


低温熱傷はその名の通り、あまり熱いとは感じない程度の低温に長時間暴露

される事が原因です。一番長時間になるのは寝ている間なので、湯たんぽや

電気毛布がダントツに多いです。次が貼るタイプのカイロですかね。


低温熱傷と通常の熱傷が決定的に違うのはその深さです。低温熱傷の場合は

もの凄く深いところまで損傷します。皮膚はタンパク質の塊みたいなものです

から、一度熱で損傷されると元には戻りません。目玉焼きを冷やしても生卵に

戻らないのと一緒です。そして損傷された組織は不要な組織となり壊死します。

この壊死が1〜2週かけて起こるので、低温熱傷はしばらくしてひどく痛く

なったり赤く腫れたりするのです。


この過程は程度の差こそあれ、どうやっても防ぐことはできません。湿潤療法

はあくまで治療法であって予防法ではないのです。低温熱傷が壊死を起こすと

治癒まで3ヶ月ほどかかることも多いです。日常生活に支障を出さないのが

湿潤療法のよいところではありますが、通常の熱傷よりも断然跡は残りやすい

のは湿潤療法でも変わりません。


そうなると、いかに低温熱傷を起こさないかが鍵ですが、湯たんぽを使う時は

面倒でも眠る1時間くらい前に布団の中に入れておき、寝る時は布団から出す、

という方法が良いでしょう。間違っても抱いて寝てはいけません。(笑)

電気毛布も最弱の温度にしてかつ、直に寝ないことを徹底すべきです。間違っても

簀巻きになって寝ないよーに。そんなヤツいねー。


また明日から寒くなるようですので、是非ともお気を付け下さい。ちなみに僕は

もともと暑がりなのでそんなに防寒も必要ないのですが、どうしても寒い夜は

ハイネックのフリースを重ね着して寝てます。

    2014年2月3日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ