院長室

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

「ジャッジ!」

洋画の次は邦画、アクションの次はコメディ、と大変バランスの良い視聴ペース

です。だからなんだ。


CMを見る限りかなりの地雷臭がしたのですが、いや面白かった!妻夫木聡演じる

主人公は鈍くさいけど純粋な広告社の社員。世界の人を感動させるCMを作ることを

夢見ていますが、現実はそううまくはいかない…というお話。妻夫木さんは3枚目

を演じさせたらピカイチですね。あのバランスの悪い体型が一役買ってるんかな。(失礼)


この映画そのものがCM業界出身の監督、脚本家によって作られていますので、CM

製作現場の描写はリアリティがあってとても面白いです。「へーへー」連発。(古い)

テーマも単純で使い古されたものですが、あまり知られていない業界が舞台なので

何か新鮮に感じます。スクールウォーズのノリでクリケットの映画作るみたいな感じ

かな。(笑)


そして大変くだらないギャグの応酬。この辺は好き嫌いが分かれそうですが、吉本

新喜劇が好きな僕にはツボでした。そして異常に豪華な共演陣。ヒロインは北川景子で

上司役に豊川悦司、重要な協力者にリリー・フランキー、ライバル日本人に鈴木京香

そしてちょい役に松本伊代(!)や加瀬亮、風間杜夫ととんでもない。北川さんの

ステレオタイプなツンデレっぷりはやや冷めますが、みなさんさすがにお上手。この

ギャグと配役を見ると、どうも監督さんは宮藤官九郎や三谷幸喜を意識しすぎてるん

じゃなかろうか?と勘ぐってしまいます。この面白さなら、変に飾らなくてもよかったのに。


いやしかし、かように見所たくさんの王道娯楽映画です。伏線の回収も見事で、感心

しました。細部に拘らず素直に観ればメッチャ楽しいでっせ。(なぜ関西人?)

    2014年1月23日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ