院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ゼロ・グラビティ」

毎年、だいたい年間で劇場・DVD併せて50本くらいの映画を観ますが、

この時期になると自分が観た映画で本年ベストは何かなーと鑑賞リストを

ニヤニヤ見ながら考えるのが楽しみだったりします。(暗いねー)


そんな楽しみを吹っ飛ばす勢いが本作にはありました。宇宙空間で作業中に

母船が大破し残り少ない酸素で無限の宇宙に放り出されてしまう…という

SFアドベンチャーっぽい設定ですが、むしろこれは「無」という密室に

閉じ込められたシチュエーションスリラーです。めっちゃコワイぞ、宇宙!

子供っぽい宇宙への憧れは綺麗に粉々になるでしょう。(笑)


無情で無慈悲、でも何者にも侵害されない宇宙から、しがらみや忘れてしまい

たい現実の待つ地球への帰還、それと絶望と希望をうまくシンクロさせる

脚本も見事ですが、特筆すべきは懲りまくっている映像でしょう。一体

どうやって撮ったのさ?!という映像の連発です。アルフォンソ・キュアロン

監督は前作「トゥモロー・ワールド」でも度肝を抜く映像を見せてくれました

が、今作はさらにその上を3段飛びで行く感じ。臨場感がハンパない。まるで

ユニバーサル・スタジオのアトラクションの様。行ったことないけど。


主要登場人物は2人ですが、実質主演のサンドラ・ブロックさんの独壇場です。

そしてその演技は圧巻。助演の名優ジョージ・クルーニーも味がありますが、

今回ばかりは引き立て役。なんと管制塔の声のみの出演でエド・ハリス。

エンドロール見てびっくりしましたが、そんな所にまで凝ってどうすんの。(笑)


そんなわけで楽しい映画ではありませんが、90分間に見所ばかりがギュッと

詰まった大作です。ちなみに原題は「Gravity」。映画を観終わると、わざわざ

「ゼロ」をつけた人のセンスのなさを感じることでしょう。

    2013年12月19日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ