院長室

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

「そして父になる」&「謝罪の王様」

またも無謀なダブルヘッダー。したくてしてる訳ではないんですが、次が

詰まっているのでね。仕事か。


さてまずは是枝裕和監督の「そして父になる」ですが、福山カッコイイとか

福山カッコイイとか噂は聞いてますが、福山カッコイイです。(笑)でも

それは、見た目ではなく良い演技をしているという意味で。子供を取り違え

られた2組の夫婦の物語ですが、中心になるのは福山さん演じるプライドが

高く、自分の価値観を子供にまで押しつける自己中な父親。彼が事件を

通じて本当に“父になる”様は静かな感動を与えてくれます。実生活で父では

ない彼がここまで演じられるのは素晴らしいですね。


是枝監督の作品は実は初めてでしたが、周防正行監督の「それでもボクはやって

ない」に雰囲気が似ていました。台詞は少なめで抑揚を抑えた演出、登場人物

にも寄りすぎることなく、そして答えは明示しない。そんなだから見ように

よっては冷徹で退屈に映るかも知れませんが、僕は好みでした。


そして宮藤官九郎監督の「謝罪の王様」。いやもう「バカでねーの?!(拍手)」

的なネタだけで構成された作品です。1本目の静かな感動が全て吹っ飛ぶという

希有な経験をさせて頂きました。(^ ^;)謝罪を代わりに請け負うという架空の

職業を生業とする主人公の物語ですが、沢尻エリカから田中元防衛大臣までイジり

倒して、超絶バカバカしい謝罪の数々を繰り広げ、挙げ句 EXILEとE-girls の

ダンスで締めるというやりたい放題。…大好きです。


それでも物語構成はオムニバス形式になってはいるものの、それぞれが伏線になり

まくっていてウマイです。まさか三谷幸喜監督と北野武監督までパロったのか?!

と思ってしまいます。そこまで深みはないですが、こういうドアホウ(喝采)な

作品もよいですね。


いやしかし、2本とも良かったけど別の日に観るのをオススメします。温度差が

ありすぎて鑑賞後のテンションがハチャメチャになります。(^ ^;)

    2013年10月31日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ