院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「トランス」

「スラムドッグ$ミリオネア」のダニー・ボイル監督最新作です。映画館に行く前は

「そして父になる」を観る気マンマンだったんですが、「トランス」がもうすぐ

終わってしまいそうな気がしたので急遽変更。そんな基準なら「R100」観ろよ、

というブラックなツッコミはなしの方向で。


オークション会場で強盗団にまんまと高額な絵画を盗まれるが、強盗団が中身を見る

と空だった…さて絵は一体どこへ?!というお話。クールな演出でスタイリッシュな

サスペンスが展開される…と思いきや話はあらぬ方向へ。現実と夢想が交錯しまくる

ので混乱必至です。題名からしてアンフェアでも何でもないんですが、サスペンスで

これやるともう何が何だか分からなくなってしまいます。R15指定なのでエグい場面

も多々ありますが、必要なエグさでもあるのでこれは仕方ないでしょう。


まあでもこの監督の演出がセンスフルなのは相変わらずで、かつ挑戦的である点も

衰えていません。傑作「スラムドッグ〜」もラストシーンで観客を欺くかのような

演出をしましたしね。だからつまりこの映画はダニー・ボイル初心者はやめた方が

よいです。多分イライラして終わります。(笑)なぜ冒頭のクールなノリで最後まで

作らなかったのか…うん、監督自身がつまらないからだな。(^ ^;)


そして夜は大学時代の友人と久しぶりに会って食事。というか飲み過ぎ。最近、あまり

飲酒しなくなっていたので応えましたよ。(+_+)勤務医の彼はそろそろ開業を考えて

いると。そのための準備だとかお金のやりくりだとかの苦労を聞くと、僕は恵まれて

いるな、と改めて思います。特に負債を負わずに開業できちゃってるし、自分の好きな

診療内容で通しているし。医局のしがらみもないし。(笑)


何か還元しなければいけない感に駆り立てられたので、もうすぐ引退らしい共通の恩師

を豪勢に温泉旅行でも連れて行こうと計画しています。

    2013年10月24日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ