院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ビタミンDの検査がお求めやすく

ビタミンDは “古くて新しいビタミン” なんて言われていますが、これは最近

随分と新しい知見が出てきたためです。ビタミンDが骨の代謝に関連することは

古くから知られており、骨粗鬆症の治療にも昔から使われてきました。現在は

主流ではありませんが、まだ服用されている方は多いと思います。


このビタミンDが実は免疫に大きく関与していることが分かったのです。免疫の

異常はアレルギーを引き起こしますから、アトピー性皮膚炎、喘息、花粉症など

の疾患に対する治療薬として注目されています。その他にも尋常性乾癬やうつ病、

高血圧や月経前緊張症、慢性疲労症候群やガンにまで好成績をおさめたとの報告

もあります。まさにビタミンD研究は「花盛り」です。(笑)


ではビタミンDの不足をどうやって見つけるかというと、血液検査しかないんです

が、これが保険外項目なのでお高いんですよ。さらに不足が判明したとしても、

その治療にはサプリメントが必要ですから、結局経済的な問題で敬遠されている

のが現実です。ウチもこれまで検査だけで15000円頂いておりましたが、

この度安くできる会社を発見!半額以下の6500円でできることになりました。

それでもまだ高いとは思いますけど(^ ^;)、アレルギーでお悩みの方には福音と

なるかも知れませんので、チャレンジしてみては、と思います。


ちなみにビタミンDのサプリメントは他のサプリメントより比較的安く、1ヶ月で

4000〜6000円くらいが標準なので、ヘタな健康食品に手を出すよりも、

コストパフォーマンスは優れていると思います。(^ ^)

    2013年9月2日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ