院長室

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

「グランド・マスター」&「バレット」

久々のダブルヘッダー。期待の「グランド・マスター」がアレ過ぎて怒りのあまり

夕食を挟んで「バレット」まで観てしまうという荒行に。眼がチカチカ。


まずは「グランド・マスター」ですが、ブルース・リーのお師匠さんである葉問

(イップマン)の半生を描いたもの。美麗なアクションが見物!との前評判でした

が、ただ単にストップモーション使いすぎなだけ。確かに水滴1粒や舞う雪煙などの

描写はきれいなんだけど、アクション細切れ&ストップモーション多用のせいで、

スピード感が絶望的にない。さらに始末の悪いことにアクションシーン以外にも

これでもかとストップモーションを使うので、展開が遅く感じてかなりイラつきます。

どんだけ気に入ってんのよと。(*□*)

主演はトニー・レオンさんですが、以前ドニー・イェン師匠で「イップマン」2部作が

作製されており、当然全く比較になりません。まあ現代最高のカンフーアクションスター

と比較しちゃ可哀想ですけども。方や久々登場のチャン・ツィイーさんは相変わらず

美しい。実際、アクションシーンも実はチャン・ツィイーの方が多いくらいなので、

もはやイップマン映画とは言い難い感も。脚本も他の登場人物も「?」感満載で、

結論、アクション映画として観ると寝ます。


とまあ、期待を裏切られて路頭に迷ってしまったので(?)、スタローン師に泣き

ついたわけですが「バレット」もまたそんなに期待ほどでもなく。こちらは罠に嵌め

られて相棒を殺された殺し屋が警官と協力して復讐するという、なんとも設定からして

ご都合主義な映画です。(笑)

まあ僕としてはスタローンのクレイジーなムキムキマッチョアクション(?)が観ら

れればそれでいいので、これくらい単純な方が集中できたりします。予想通り展開も

超ご都合主義的で、タイトルがバレット(弾丸)なのに、ラストバトルが斧合戦だったり

悪玉が簡単に拉致られたり、主人公が元爆弾のエキスパートだからって自分の家とか

車に常に爆弾仕掛けてたり、とカオス的展開に笑えます。まあ好きですけど。(^ ^)

こちらも久々登場のクリスチャン・スレーターでしたが、あっさり瞬殺されてました。

70歳近くになって、こういうクラシカルなアクションに挑むスタローン師には本当に

頭が下がります。ジャッキーがアクション引退しちゃったから、僕の心の支えはもう

彼しかいない!大げさ!

結論、「グランド・マスター」は観ちゃいけない。(←根に持ってる -_-メ)

    2013年6月13日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ