院長室

« 1月 2018 2月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28

しょんぼり

先日、AKA−博田法の専門医認定試験の結果が出ましたが、残念ながら

不合格でした。結構自信あったのになー。まあどんな試験もなぜか常に

自信満々な僕ですが。(←それがダメなんじゃ? ^ ^;)


AKA−博田法に限らず、他人の身体を直接触る治療は完全に「術」なので

正確に再現するのが難しくなります。どうしても言葉に表現できない部分が

あるからです。そうするとその評価法というのも大変に難しくなります。

しかしこういう資格試験を取り入れることには賛成です。評価が難しいから

こそ自己流になりがちで、そうなれば正しい効果が出ないどころか患者さん

に不利益を産む可能性があるからです。


特にAKA−博田法は関節の微妙な動きを触知して矯正していく技術なので

難易度はヘタしたら最高レベルなんじゃないでしょうか。専門医の資格が

ないと宣伝ができないことになっており、そうすると症例数が増えず経験値

も上がらない、というジレンマがありますが傷をつけることなく、また痛み

すらなく治療できるのは貴重だと思います。


とりあえず治療自体は今まで通り行っていますので、ご希望の方は直接スタッフ

か僕にお申し付け下さい。(あ、これって宣伝になるのかな? 笑)

    2013年4月1日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ