院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「クラウド・アトラス」

ウォシャウスキー兄弟(今は姉弟らしいですが ^ ^;)による壮大な転生の物語。

中世から未来までの6つの世界の物語中、それぞれのキャラクターがある時代

では悪人だったり、別の時代では善人だったりと転生していく様が面白い。


原作では時代順に物語が描かれているそうですが、映画版では6つの時代を同時

並行で描きます。ここがこの映画の一番の見所でしょう。冒頭、いきなり6つの

世界がバラバラに描かれて、さっそくチンプンカンプン。やべぇ!ついて行けない

かも!的なスリルを味わえます。(笑)さらに3時間に及ぶ尺なので、途中で

気持ちが折れてしまうと(?)苦痛の時間となること請け合いです。まあ、つまり

この演出は長所でもあり短所でもあるんですね。


しかしさすがはウォシャウスキー、それぞれの物語のリンクする点を上手に

つなぎ合わせることで、見事に一つの作品に昇華させています。6つの

クライマックスが同時に迫るラストのカタルシスは圧巻です。僕的にはこの演出は

大成功でした。


あとは役者の七変化(?)が面白いです。後から、えっこの役はアイツだったんかい!

で盛り上がるでしょう。ハル・ベリーにあの役はないだろ…。みたいな。(^ ^)

トム・ハンクスさん、ヒューゴ・ウィーヴィングさん、ヒュー・グラントさんなど

そうそうたる顔ぶれが特殊メイクで笑わせてくれます。

どうも日本では宣伝もしていないし、配給会社も極端に少ないですよね。アメリカでの

興行成績が不良だったらしいですが、むしろ原発批判している内容が問題なのかな?

と勘ぐってみたり。鑑賞前のトイレは必須ですし(笑)、ある程度心構えも必要な作品

ですが、是非とも体験してみて欲しいです。

    2013年3月29日 金曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ