院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ジャンゴ 繋がれざる者」

1月の鬱憤を晴らすかのように映画を観まくっていますが、そろそろ

レビューにうんざりされている方もおいででしょうか?(笑)

でもめげないもん。


今回はクエンティン・タランティーノ監督の西部劇です。ジャンゴという

キャラクターはこれまで何度も映画に登場している、統治に反旗を翻す

解放者、いわば自由の象徴みたいなものです。今回はジャンゴをジェイミー・

フォックスが演じ奴隷制度への反発を併せて描きました。

とは言えそこはタランティーノ監督、堅苦しさは全くなく、あくまで愛する

人を取り返すラブアドベンチャー(そんなジャンルあんの?)でかつ、

バディムービーでもあります。ジャンゴの相方となるドイツ人賞金稼ぎ役の

クリストフ・ヴァルツがまたかっちょいい。


タランティーノ監督はそのエグい描写や、外連味たっぷりの演出が注目されがち

ですが、僕はむしろ会話劇の妙が特徴だと思っています。外連味あふれる演出は

盟友ロバート・ロドリゲス監督の方が断然上ですよね。今作はタランティーノ

作品にしては優等生と思われがちですが、脚本のうまさは相変わらずだと

思います。長い尺は全く苦にならず、単に奴隷制度への反発=白人vs黒人という

図式にしなかったところもうまいです。


しかし登場するキャラクターがハマリ過ぎてて笑えます。サミュエル・L・ジャクソン

なんて、ちょっとはしゃぎすぎじゃね?ってくらいぶっ飛んでます。レオ様も

クレイジーな富豪役を嬉々として演じており、皆さんタランティーノ作品を楽しんで

おられました。(笑)監督もちょい役で出演し、しっかり爆死したところには笑い

ましたが、自らを白人の象徴としたのでしょうか?

とにかく、これはオススメです。


ドラえもんはやっぱり旧作のリメイクの方が面白いなぁ〜。(観たんかい!)

    2013年3月14日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ