院長室

« 7月 2018 8月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「遺体」&「ストロベリーナイト」

最近派手な洋画が多かったので、今週は邦画祭り。(^ ^)ひそかに期待していた

2本です。


まずは「遺体」。東日本大震災当日から数日間の遺体安置所での出来事を描いた

映画です。あまり宣伝されていませんが、予告編で早くも泣きそうになったので、

期待していました。全編にわたり遺体の描写が出てくるので、それだけで衝撃的

ではあるのですが、なんとももったいない。臨時職員役の西田敏行さんが主人公

で確かに彼の演技は良いのですが、この映画にはマッチしていません。もうなんか

オオゲサでわざとらしいので浮きまくってます。他の佐藤浩市さんや柳葉敏郎さん

が自然体の抑えた演技をしていたので、余計にこってり具合が浮き彫りに。

さらに何にに配慮してか、美化しすぎた演出がよくない。我々はすべからく震災を

「知って」いるのだから、変な遠慮はむしろ肩すかし感を覚えるだけで、災害時の

映像を流したってよかったし、もっと現場のリアリティを描いて欲しかったです。

この程度では「おくりびと」で既にやったテーマじゃん、で終わっちゃいます。

残念。


そして人気ドラマの映画化「ストロベリーナイト」。ドラマからの映画化はほとんど

失敗しているので、期待はしちゃイカンのですが監督さんが「キサラギ」の佐藤祐市

さんだったので、これは何とかしてくれるんじゃないかと。テレビシリーズは面白かった

ので、佐藤さんお願いします!と念じながらの鑑賞です。

…や、ひどかった。(-_-)

佐藤さんの力を持ってしても困難なのね。竹内結子演じる主人公は心に傷を負いながら

それを克服するかのようにひたすらに正義を追い求める、という役なんですが、映画版

ではもう単なるヒステリーの塊と化していて、発言や行動が子供じみていて全く共感

できません。周りのキャストも非常にキャラが立ってて面白いのですが、無理くりシーン

を作るので、良さが平均的にダウンという悲しさ。肝心のミステリーパートもありきたり

過ぎてあくびが出るぜ!的で泣きそうになります。残念。


「船を編む」で邦画挽回のチャンスを与えよう。いやその前に「ジャンゴ」ではじけよう。

めっちゃ尺が長いのが気がかりですが…。(笑)

    2013年3月7日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ