院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

ペナント終了

ファイターズは善戦しましたねぇ。北海道は第2の故郷なので、CSは俄然

ファイターズを応援しますよ。相変わらずCSは要らないと思ってますが

ドラゴンズが間違って日本シリーズに行っちゃったら鞍替えします。(笑)


ドラゴンズに比べ、ファイターズは若手の台頭が著しい。これはとても羨ましいし、

見習わなければイカンとこですね。力がある者が上に行く世界なので、そりゃ

岩瀬とか井端とか和田を押しのけて活躍するのは困難でしょうけど、この

ままではジリ貧です。今年は野手では大島がかなり活躍しましたが、平田、

堂上兄弟、野本、藤井あたりはもう尻に火がついていると思わねばダメです

よね。


投手も山本昌が活躍するのは素晴らしいことですが、若手投手はこれといって

伸びた人はいなかったような気がします。伊藤準規あたりはもう少し勝つかと

思ったんですけどねえ。しかも久本と小笠原が戦力外になったので、左の

先発がいない…!山本昌とあとは…ソト?いやはや…。

第2の今中と言われる小川が出てきてますが、1年間ローテーションに入れる

左腕の補強が必要でしょうね。ファイターズさん、吉川下さい。(笑)


政治の世界でも、「50代の“若手”閣僚ばかりの政界に危機感を感じる。」

なんてノスタルジック(?)なことを言う評論家もいますが、日本はどの業界も

もっと若手を重視した方が良いと思います。決してベテラン嫌いじゃなくて

若手からチャンスを奪うような体質を変えて、ベテランも若手も本質で競い

合える環境にしなきゃダメだと思うんですね。その方がベテランにとっても

よい変化を産むと思うんですけどねぇ。もちろん医療界も同じであります。

色々な評価軸はあるでしょうけど、我々はやはり「治すこと」で評価される

べきです。

    2012年10月4日 木曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ