院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

遅延型アレルギー

花粉症やじんま疹、アトピーに喘息などいわゆるアレルギー疾患の

増加には目を見張るものがあります。リウマチなどの膠原病も自己に

対する過剰免疫なので、広義のアレルギーと言えるでしょう。


このアレルギー反応は実は大きく2つに分かれます。すぐに反応が

現れる即時型と遅れて症状が出る遅延型です。一般に病院で検査して

いるのは即時型アレルギーの方なんです。例えばスギに陽性が出たとか

ハウスダストが(3+)だ!とか。即時型アレルギーの方が重篤な

症状に陥りやすいので、もちろんこの検査に意味はあるのですが、

遅延型アレルギーは無視されているということを忘れてはいけません。


遅延型アレルギーは遅れて症状が出るため、原因物質を特定しにくい

という弱点があります。しかも症状はかなり多岐にわたるので、自分

の症状がアレルギーによるものだなんて思ってもいない方も大勢いる

ようです。この遅延型アレルギーの原因になるのは圧倒的に食品です。

先天的ではなくて、毎日同じものを大量に摂り続けることが最大の

原因とされています。中でも多いのは乳製品と卵製品。


オーソモレキュラー的にはこれらはとても有用な食材なので、是非とも

しっかり摂って頂きたいのですが、この遅延型アレルギーの危険性が

あるので注意が必要なんですね。現在この遅延型アレルギー検査は日本

では行えません。検体(血液です)をアメリカに送って解析してもらう

しかないんです。オーソモレキュラーを実践するウチとしては、やはり

この検査はできるべきだと思うので、代理店と契約して実施できるよう

にしようと思っています。保険外になるので高いですけどね。(^ ^;)

    2012年8月20日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ