院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

「ダークナイト ライジング」

そもそも僕はバットマンのファンでもないし、クリストファー・ノーラン

監督のファンでもなく、単に主演のクリスチャン・ベイルが好きだから

このノーラン監督による「新バットマン3部作」を観ることにしたんです

よね。いや〜、最初の「バットマン ビギンズ」から観てて本当に良かった。(笑)


正直「ビギンズ」はそれほど面白くなかったんですが、2作目「ダークナイト」

で大化けします。なぜ「バットマン」ではなく「ダークナイト」という題名

になったのかを考えると、大変に深く考えさせられる傑作でした。敵役の

故ヒース・レジャーも神がかり的でしたけど。


で、今作。前作が傑作で、しかも今回で完結となると、これまた期待と不安

で異常なプレッシャーなわけですよ。(って僕が作ったワケじゃないけども。)

「上映時間の長い映画に良作なし」が持論の僕にとっては、165分は不安

材料でしたがこれは全くの杞憂に終わりました。良質の映画が2本分つまって

いるといった感じです。(苦しい言い訳? ^ ^;)


世論に訴えかけるようなスケールの前作に比べると、私憤に終始する今作は

前作に劣ると見る向きもあるようですが、きちんと “ダークナイト” の人生を

終わらせて、しかも最後にサプライズも用意するという離れ業を成し遂げた

今作は僕にとっては前作以上の満足感です。映像も大変な情報量で、今シリーズ

常連のゲイリー・オールドマンやマイケル・ケインの好演も光り、紛う事なき

傑作です。アン・ハサウェイ演じるキャット・ウーマンにも惚れちまうって

もんですよ。(ええっ!?)


観終わった直後に「もう1回観たい!」って思える数少ない映画です。ちなみに

会員更新して「次回1000円チケット」をもらったから本当に観に行くと思う。(笑)

「ビギンズ」「ダークナイト」未見の方は、オリンピックを犠牲にしてでも

鑑賞してから本作を観てください!(^ ^)

    2012年8月6日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ