院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

体質改善とは

よく漢方薬は「体質改善ができる」と言われます。実際それを

求めて来院される患者さんも多いです。この場合に対象となる

症状は例えば花粉症やアトピーなどのアレルギー疾患、冷えや

便秘や易疲労感といった病気とは捉えられない愁訴、生理に

まつわる諸症状、などです。


確かにこれらの症状は西洋医学的なアプローチよりも漢方医学的な

アプローチの方が効果的であることが多いです。で、効果があると

体質が変わったんですよ、なんて軽々しく言ってしまうわけですが

本当に変わったかどうかは薬を中止してみないと分かりません。

薬を飲まなくなったらまた同様の症状が出てしまった、では体質は

変わったことにはなりませんよね。


漢方薬で体質が改善する例は確かにあるのですが、本当の意味で

体質を変えるのはその名の通り、体を造り替えるのが最も確実

だと思うのです。人間はその材料を口からしか摂れないわけです

から、体の改造=体質改善はすなわち食事を変えることになるわけ

です。


オーソモレキュラー療法の祖、A.ホッファー先生は診察の時、患者

さんの訴えを一通り聞いたのち、おもむろに

「ところであなたはこれまで何を食べてきたんですか?」

と必ず聞いたそうです。素敵ですね。現在の姿はすべからくこれまで

の食生活の結果である、というわけです。非常にシンプルで説得力が

あると思います。


体質改善を要するような病態が多い現代では、まさに食生活の改善

こそが治療の近道になるような気がしています。

    2012年7月9日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ