院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

最近の遠絡で

遠絡療法は経穴(ツボ)を刺激することによる全身調整療法

で、僕の重要な「武器」です。よく遠絡療法は何に効くの?

と聞かれるんですが、全身の調整法ですから極論すれば「何に

でも効くぜ!」ってことになります。一応、痛覚や触覚までもが

低下してしまった運動麻痺には効果がないとされていますが、

そうでない麻痺ならば改善する例が多いです。


やはり遠絡を選択される患者さんのほとんどは、これまでに

色々な治療を受けてきてあまり改善がみられない、あるいは

最初からさじを投げられてしまって諦められない、なんて方が

多いです。治療自体はキズをつけるわけではないので安全ですが

かなりの力で押すので痛いです。それを踏まえても頑張って

治したい、という心意気に何とか応えたいと思って治療に臨んで

います。


ちょうど今、顔面神経麻痺で顔半分が動かない患者さんを治療中

です。目が閉じられないので常に眼帯が必要ですし、口が上手く

動かないので唾液や食事がこぼれます。外見上もとても目立つので

外出がイヤになります。当初は治療の痛みでぐったりされていましたが

最近効果が出始め、表情も明るくなりよく笑って話してくれるように

なりました。本人はあまり自覚していないかも知れませんが、

明るく前向きになっているのはとても大きな変化だと思います。

まだまだ治療期間は必要ですが、完全な笑顔が見られる日を

楽しみにしています。

    2012年5月18日 金曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ