院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

今日はマラソン大会

今日は毎年恒例の一宮タワーパークマラソンの日でした。

医師会としても救護班(っていうかランナー ^ ^;)として

参加しており、僕も過去2回ほど出場しました。3km、

5km、10kmコースから選べるんですが、僕は無謀にも

過去2回とも10kmで参加し、そりゃあもう大変な目に

遭いました。(笑)


昨今のマラソンブームも手伝って、この大会も参加者が毎年

増えているみたいですが、健康によいと思ってあまり過度に

走り込むのは実は危険です。夏のマラソンは脱水症の危険が

ありますが、それ以前にマラソンでは活性酸素による障害が

発生しやすいんです。


活性酸素はご存知からだを “サビ” させる物質ですが、酸素を

吸って生きている動物は、酸素摂取量の約2%ほどは必ず

活性酸素が発生するそうです。それを処理できているうちは

病気にならないんですが、処理能力が落ちて活性酸素が蓄積

してくると、いろんな病気になっちゃうんです。

顔のシミから果ては癌まで、活性酸素は幅広く関与していると

言われています


で、この処理能力が落ちてくるのが40歳以降。マラソンの

ように常に酸素を大量に消費していれば、当然活性酸素の量も

増えるわけで、これが運動中の突然死の原因にもなっていると

考えられています。運動は結構ですが、自分がしっかり活性酸素

処理能力があるかどうかを知ってからの方が無難だと思います。

通常の採血検査で十分知れますので健康を過信しないで、定期的に

チェックすることをお勧めします。


…って、マラソン大会で70過ぎの爺ちゃんやら中学生にビュンビュン

追い抜かれた過去を持つ僕が言うと、負け惜しみに聞こえますね。(笑)

    2012年1月9日 月曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ