院長室

« 9月 2019 10月 1 2 3 4 5 6 7 8 9 10 11 12 13 14 15 16 17 18 19 20 21 22 23 24 25 26 27 28 29 30 31

消費増税

巷を賑わす消費増税論ですが、どうなりますかね。

民主党内では反対派が離党し、野党は政局を有利に

進めるためにもちろん反対。国民には正確な情報が

与えられず政治家(と官僚)だけが喧々諤々の論争を

している、というのが現状でしょうか。


まあ財務省寄りの野田首相が主導する時点でうまく行き

そうにないというか、そもそも財務省寄りだから首相に

なれたんだから当然こういう展開になるわな、とは思います。

本当に財源に見通しが立たなくて、国益のためになる

のなら増税やむなしですが、再建計画のない増税では

やはり納得は得られないでしょうね。

責任の所在を明確にしない、という官僚の常套手段がどんどん

明るみに出るだけなので、今の状況は官僚にとってもマイナス

だと思うんですけどねぇ。


医療界でも実は消費増税は大きな問題です。皆さん病院で

消費税を払ったことはないと思いますが、薬の仕入れなどに

はしっかり消費税はかかっており、つまり現状消費税は医療側

の負担となっているんです。

4月の保険改正では薬価(患者側の負担)は下がるみたいですが

消費増税が実現すると、仕入れ値の方が高くなるなんて場合も

あり得ます。なので消費増税は医院経営に地味にダメージに

なるんです。

    2012年1月6日 金曜日

    カテゴリー 院長室

    タグ